2007年 12月 23日
オリ、来年は二機種発表の噂がベルギーから
 dpreviewで、ベルギーのオリの営業関係者からの噂が上がった。先日お伝えした(恐らく米国の(オリ関係者)聞いた情報では、2008年にE-3とE-510の中間機種(E-二桁)が出て、再来年にE-3の更に上?(か次期E-3としてかはわからないが)現行E-3を超えるトップモデルが出るという噂があった。今回は、、




 2008年中に2機種がリリースされるというもの。一つはE-510後継機が投入され、そしてもう一つはE-3とE-510の間に、ここでも何度も噂が出ているE二桁機が登場するというものだ。E二桁は、E-10,20は既に使っているから出るとすると、E-30か。そうなると一桁、二桁は3で揃う形か?(何の意味があると言われれば答えようもないが、、(苦笑))

 何れにせよ、何か動きがあることは間違いない。時期的にも今回は例年よりも早く1月終わりに開催されるPMA2008までもう一月あまりであるからだ。何れにせよ、共通している噂はいよいよ噂だけ先行していた、オリの二桁機が登場するのかもしれないということ。第一章でフェードアウトしてしまった感があるE-3xx機を大幅にパワーアップしたものか、どのような特徴、コンセプトを持たせてくるのかは興味が沸くところだ。

 そして、今回の噂で新しいのはE-510のてこ入れとも言うべき後継機を早くも来年投入すると言うことだろう。この辺はビジネス的にも来年はローテーションから言って二強の普及型は逐次モデルチェンジを迎える。
 
--------------------

 これの二機種のリリースが仮にあるとしてどちらから先に出て来るかという問題がある。恐らくキスデジは来年のPMA2008早々にもリリースがありそうだ。加えて多分キヤノンさんはフルサイズの5D後継か不明だがフルサイズを持ってくる。ソニーさんも恐らく普及型の入れ替えとフルサイズ辺りか?

 すぐ出すという意味ではE-510のバージョンアップが出しやすいかもしれない。簡単に言えばL10のE-510版だ、3で揃えるならE-530か?コントラストAFは恐らくない。その代わりにE-3のAF周りのディチューン版で5点全点ツインクロスセンサー。撮像素子はL10以降と同じLive-MOS改良版+SAT。当然L10と同じフリーアングル液晶搭載である。有り体に言えばE-1に対するE-500のごとく、E-3タイプの小型普及型版に持っていく形だ。

 勿論、E-410を同様にてこ入れすることも可能だが、恐らく現在のオリがE-410程度の大きさにフリーアングルと、(E-410伸び悩みの原因と思われる)ぶれ補正の搭載をすることは困難であると思われる。となるとAF周りとセンサーの載せ替えだけでどこまでいけるか?E-410は現行出来る範囲でてこ入れしただけではシェアアップをするのが困難な反面、そういうスペックを超越した魅力を感じる人にはそこそこは細々と売れるという読みではないか?個人的には中型として二桁機を用意し、E-510にオリのE-systemのボリュームゾーンを担わせるとすればE-410は単にその下の廉価機種でなくもう一度ねらい目も含めて戦略を練り直しても良いと思う。

 とまあ、あれこれ書いた。何れにせよ、オリの場合はここのところ、2007はE-410,510の発表、2006は、E-330の発表とフォーサーズ三社初の共同記者会見、そして2005はパナソニックのフォーサーズ参加発表等、毎年PMAでその後を占う重大な発表がされている。何かまた新たなサプライズを期待したい。
[PR]

by hiro_sakae | 2007-12-23 00:37 | E,Pen-system関係


<< 天気が回復し、、      たまには雰囲気を変えて、、コン... >>