2008年 01月 25日
オリファンとして、つぶやき
 ペンタックスと、新型キスデジ、ソニーは既にでていたので、これにニコンがよほどのサプライズが無い限り大体、今回の普及型の目線が見えてきた。オリファンとしては、
・10%シェアが動くほどのサプライズは今回は無し。やはりファインダーが変わるというのはオリンパスの事かなあと期待をつなげる。
・これなら、E-510、410を価格ドロップでつないだ上で、出来る限りのマイナーバージョンアップでもとりあえず、一昨年の様なシェア1%割れに追い込まれることはもう無いのではないか?
・更に、もし秋、冬にかけてE-二桁機のアナウンス(発売は来年初め)やパナの小型DSLR、レンズ投入(ZD、ライカ)といけば、これはいけるんではないか?

  特に、一昨年夏、秋にソニー、ペンタ、キヤノン、ニコンと新機種投入時(普及型)オリは瀕死まで追い込まれたあの悪夢が来るかと思ったが、そういうことは無さそう。安堵。
[PR]

by hiro_sakae | 2008-01-25 00:17 | E,Pen-system関係


<< 小型・高級のデジカメ支持が拡が...      【特許関係】敢えてフォーサーズ... >>