2008年 01月 29日
オリの英断に感謝! E-3,E-510でMFレンズのぶれ補正対応
  既に、盛り上がっているようですが、オリンパスのHPでファームウェアのアップデートが公開され、これを適用することにより手持ちのE-3やE-510で焦点距離入力方式によりフォサーズ以外のMFレンズでもぶれ補正が使えるようになった。




 ここで、Dandelionを紹介。この商品の登場により私のような素人でもこの程度の改造なら本体のファームウェア改良で出来るのではと、何とかやってもらえないだろうかと思っていたし、そう思ってオリンパスの人に尋ねた、言ったという人も色々いたようである。確かに、ここにこの手の記事を書いた時もそんな完全な性能保証が出来ないものをメーカーに頼むこと自体が筋違いだとか、あり得ないとかなり厳しいご批判も頂いた。

 正論としては、私ももっともだということもあり半ばそういうものはなかろうということであれこれDandelionの趨勢を追っていたのだが、今回オリンパスがあっさりとやってくれた。HP上ではぶれ補正の確認をしたのはOMレンズのみでその他のレンズは補正は作動するものの補正効果は確認していないということだ。

 勿論、OMレンズがぶれ補正が使えるのもありがたいし、実際にそれ以外のマウントアダプターもそれなりに効くものと思う。何よりもオリがOMレンズ以外はわからないと言いつつ、明らかにはOMレンズには無い焦点距離も含めてきめ細かく8ミリ~1000ミリまで刻み幅を設けてくれているところである。多少の誤差は近似値を選んでくれと言うのもにやりとした言い回しだ。そもそもOMレンズを使う分には「近似値を使うシチュエーション」はあり得ないからだ。(苦笑)まあここをあれこれ言うのは大人げないのでこれぐらいにするが、結果的には現行DSLRマウントの中では、画角が35ミリ換算倍になると言う唯一の欠点を除けば、
・MFレンズでも心配無用のダストリダクション
・MFの容易な光学ファインダー
・さらに緻密なライブビュー拡大
・広範な焦点距離に対応する手ぶれ補正
と特にE-3は古のレンズを使うには最強のボディとなったかもしれない。

 DSLRとして、デジタル専用システムとして愚直に磨き上げたダストリダクション、LV,そしてぶれ補正(何れもDSLRだからこその機能)が結果として、レガシーなレンズにもやさしい環境を作り上げたと言うべきか。

 デジタルの時代にオープンマウントの思想を掲げスタートしたフォーサーズが、過去のSLRの遺産をも包含しつつ成長していくことは、フォーサーズの魅力を更に高めるものと確信している。何れにせよ、オリンパスありがとう!!の気分だ。
[PR]

by hiro_sakae | 2008-01-29 22:14 | E,Pen-system関係


<< PMA,フォーサーズ陣営目立っ...      Dandelionの露Oly4... >>