2008年 03月 15日
Summilux 25/1.4のコントラストAF対応とE420
  既にご存じのようにSummilux 25/1.4がファームウェアバージョンアップにより、パナソニックのL10でのコントラストAF対応レンズとなる旨のサービスが開始されている。とりあえずオリンパスのサポートに確認したところ、
  同ファームウェアバージョンアップでコントラストAF対応となったSummiluxはE-420においても、コントラストAF対応が可能とのことである。(正確に言えば「松下電器産業株式会社様のコントラストAF対応レンズにつきましては、E-420でも対応可能」とのことなので、今後も未確認ながらパナのコントラストAF対応レンズはオリのコントラストAFにも対応する可能性が高い。)






  また、時期や計画は全くわからないがオリンパスのレンズ自体も順次コントラストAF対応へのファームウェアバージョンアップの準備を検討中であるようだ。(正直手元のものが同対応にファームウェアバージョンアップで可能とするとかなりありがたい。)

  ちなみに、私が直接確認したわけではないがこの逆、すなわち現行L10はオリのコントラストAF対応レンズが使えるわけではないようである。想像するに、E-420のコントラストAFの方が新バージョンで、このバージョンからオリ、パナ双方対応する仕掛けになっているのであると思う。パナの発表している新型小型DSLRのベースボディがE-420であるとすれば、最初からどちらのAFにも対応出来る仕様に作っておいた方が何かと不便は無かろうと思うからである。(共通の仕組みが使い倒せる。)従って、ひょっとするとL10が過渡期のもので今後オリとパナのコントラストAF対応レンズは双方のボディで使えるようになり、オリの既存レンズも対応可能なものは順次コントラストAF対応にファームウェア公開されると言うことだろう。

  ただ、問題は私の様にパナのレンズしか持っていない人間はパナのHPからダウンロードしてバージョンアップするという手法が使えない点だ。(苦笑)
[PR]

by Hiro_Sakae | 2008-03-15 00:09 | E,Pen-system関係


<< そろそろ考え時ではないか?フォ...      秋か、来年かフォーサーズの新た... >>