2008年 04月 26日
祝 ZD12-60がTIPA2008AWARD受賞
  カメラ、レンズでは二大AWARDであるTIPAとEISA。
去年のTIPAではE-systemは無冠であった(2006はE-330が受賞)が、今回ZD12-60がExpert部門で受賞した。その他部門では、ProはNikonのAF-S Nikkor 12-24/2.8,EntryはCanonのEF-S 55-250/4-5.6。二強にはさまれての受賞だ。ちなみに、今回ボディは残念ながらPro,ExpertをD3,D300がワンツーフィニッシュ。Advancedに40D,Entryがソニーのα200と言う結果。HPはここ

  TIPA,EISAの受賞でみるかぎりにおいては、E-systemではレンズが圧倒的に強い。これで、松は今回発売されたZD14-35をのぞいて全部のレンズがEISA受賞、内150/2.0はTIPAとダブル。そして今回竹では初の受賞となった。各社のカメラボディの顔とも言える標準ズームにおいてZD12-60が受賞したのは嬉しい限りだ。そしてこうなると、ZD25/2.8やZD14-35にもEISAの方で期待がかかるというものだ。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2008-04-26 00:24 | E,Pen-system関係


<< 今日は午前中      もうひとつのPancake? >>