2008年 06月 08日
それで、何かタイミングがあれだけど試してもらえます?
 いえ、だからなんだと言われると困るんですが一つ気になっていたことがありもし試してもらえる人がいたらと、、



 事の始まりは単純で、今朝から今日はずっと家にいることになるのでレンズをまああれこれ出していじったりしていたわけだ。私はアダプターを付けてごちゃごちゃレンズをつけたりはずしたりも好きなわけで、そう言えば最近全く根性ティルトをやっていないと思いながら、E-3でOMレンズのアダプターをはずしてティルトしながらうーむと遊んだ。それからOMレンズを拭きつつ、ついでにOM2nとOM1を出してからシャッターを切り、むずがっていないか確認。そしてアダプターをはずしたOMレンズをつけて「ああこれはやっぱりええなあ」と思ったりしていた。

 それで、それでである。ちょっと思い立ってZDの竹標準ズームをOMのボディに付けてみたのである。フォーサーズとOMはマウントもフランジバックも違うのだが(OMは46mm、フォーサーズは40mm)マウントがよく似ていてぽこっとはまるのである。(もちろんはまるだけで手は沿えていないと落ちる)で、いたずら心でOM2のファインダーをのぞいてみた。焦点はあわないがスクリーンは見える。そして案の定四隅が欠けていて、ああ、やっぱりフォーサーズだわと実感した。次にZD70-300を付けてみたら、これはやはり四隅が欠けなかった(苦笑)やはりSigmaのOEMだなと、、これは今後OEMか専用設計の区別に使えるなと思ったのだ。

 しかし何かひっかかるものがあったのだ。OMのスクリーンは視野率97%である。つまりほぼフィルム面と同じ大きさが見えているわけである。もう一度なるべくぴたっと付けて見た。確かにスクリーンの四隅は完全にけられている。長辺側は円周がぐるりと見える。しかし、短辺側は明らかに円周が欠けているのである。つまりイメージサークルがはっきりと出っ張っているのだ。
改めて、ネットでフォーサーズのイメージサークルを確認するとやはり21mm程度となっている。

 6mmのフランジバックとの違いで多少出来ているサークルが大きくなっているのかもしれない(だったら良いのだけど、誰か教えて~)。しかし、仮にぶれ補正等ののりしろで1割程度(画面のサイズの1割移動してぶれるというのは相当だと思うが、)あるとしても23mm程度、従ってOMのスクリーン上短辺の上下がわずかに欠ける程度で後はスクリーン上にサークルが見えるのが普通だと勝手に思ったがそんなものではない大きさだったのだ。

 それで、気になって手元のフォーサーズレンズ(竹、梅の内18-180と魚眼以外の全てある)とSummiluxを付けてみた。
 そうすると、
 竹、梅のズームレンズ群は殆ど一緒。短辺でみれば少なくとも上記の状態では24mmより大幅にサークルが出っ張っている。
 Summiluxは殆ど同じだが、若干サークルが更に大きめ。
 そして、何と35マクロと50マクロに至っては、この状態では全く欠けないと言う状態になった。

 盲点というか、何というか確かにフォーサーズの撮像素子のサイズはフォーサーズのイメージサークル径通りのサイズになっているが、実際のZDレンズのイメージサークル径というのは一体どれくらいの実半径をもっているのだろうか?本当はフランジ40mm相当の暗箱を作って確かめれば一番手っ取り早いのだろうが、、もし、OMかはまれば更に短いフランジのボディで確認すればよいのかもしれない。35ミリでも実際には中判に利用出来るほどのイメージサークル径を持っているレンズがあるが、APS-C用のレンズがフルサイズではけられていること(そんなに余分なのりしろがあるわけでないこと)や、最初からこれ専用にZDは作られているはずであることを考えると何となくなんじゃいこれ?と思ったものだ。

 これなら、短辺側はそのままに、長辺側を単純に5割程度伸ばしてそれこそ2:3にしても(4:3を6:4にするわけだから、10MPなら横だけ5割り増しで15MP?)なんか使えそうな気がしないでもないが、まさかなあ?と思ったりもしたのだ。不思議である。冗談だけど、特にマクロなんて接写限定で一辺フルサイズでやってみたい誘惑にかられたりもした。と言うわけで手近にボディのある人は一度試してみては、、、謎である。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2008-06-08 23:35 | 雑記諸々


<< 【特許関係】迷った時には原点に...      やはり、オープンマウントには無... >>