2008年 08月 05日
とりあえず下のフォーサーズのHPから見ると、、
 従来のフォーサーズの光路の丁度半分のところで、今までの光束がそのままとおるように輪切りに切った形のマウントだ。フランジバックが半分だからうんと小さくなる。

 そして、ピンが9本から11本に増えた2本の意味は「、小型化と同時にタイムラグの少ない円滑なLive View撮影の実現や、レンズとボディとの信号の連携を確実かつ高速にするために新たに2つの信号接点が増設」という、ライブビューを基本にするマイクロフォーサーズでのライブビュー高速化と、「将来的な動画対応でのデータの高速処理」の為に増設されているとのことだ。

 光学ファインダーを捨てて得られるメリット(小型化)を充分活かすために、ライブビューのハード面での高速化対応に加え、超小型だからこそ生きてくる、フォーサーズ画質での静止画と動画の両方をまたぐシステムへの成長を目指すところか?

 実際には下記記事のリンク等から実際にフォーサーズのHPを読んで頂くと、小型化に対するフォーサーズに対するユーザーの要望をほぼまともに受け止めてこの弟分を作ったことがわかる。

 また、この辺の更なる検証は更に追々書くとして(笑)、Jadowなアダプター派としてはこのマイクロの登場によりアダプター遊びとしては、DSLRでは無理と思われていたライカL,M,コンタックスC,ニコンS等のレンジファインダーのレンズをLV(あわよくばぶれ補正付き)で楽しめると言うことか?絶対Kindaiあたりが出すと思う。(笑)
[PR]

by Hiro_Sakae | 2008-08-05 21:54 | E,Pen-system関係


<< 私的フォーサーズマイクロ、ファ...      小さ~い。マイクロフォーサーズ... >>