2008年 08月 06日
最後は、少し冷めた見方で
一連のパナのフォーサーズ撤退→否定にも絡むがビジネスとしてみた場合、オリとパナの一つの合意、棲み分けがこれで決まったような気がする、、




前に、同じフォーサーズと言いながらレンズのファームウェアバージョンアップをするとなれば結局レンズにそれぞれボディがないとままならないというのは不満だと言うことを書いた。そして、結局オープンシステムというのは本来オリならオリ、パナならパナで完結しうるシステムがあるというのが前提ではと言うことを書いた。

つまり、ニコンのシステムを持っている人がこのレンズをキヤノンでも使い倒せればというのが発想の基本。最初からオリ、パナ渾然一体でシステムを組むというのは想定外であるのではということだ。

今回のフォーサーズとマイクロの導入によりそれに関する記事を見ても、恐らく撮像素子やダストリダクション等キーパーツを中心に両社共同のものでいくのだろう。しかし、多分
フォーサーズマウントはオリンパスが主体になってボディ、レンズを開発し、マイクロはパナソニックが主体になってボディ、レンズを開発すると言うことではないだろうか。
従って、今までフォーサーズのベースボディはオリンパスが作っていたが、マイクロのそれはオリンパスブランドのものも、パナをベースに出されて双方レンズだけはそれぞれ独自のものを相乗りするものの、
ZDのラインナップはフォーサーズ主体
ライカのラインナップはマイクロ主体で
アダプターもOMはOMフォーサーズアダプターで、
ライカはMマイクロアダプターが主
みたいになるかもしれない。(笑)

最終的に
フォーサーズと言えばオリンパスがメイン
マイクロと言えばパナがメイン
と言う位置づけに収斂されると言うことだ。

ただ、逆説的に言えばオリンパスはマイクロが出来たからと言って例えばZDの開発リソースをマイクロにとられるという心配もないかわりに、マイクロのZDがばんばん出ると言うこともない。逆にパナはようやくマイクロ版で本格的にライカのラインナップを充実させる一方でフォーサーズ版のライカは今後もあまりでない可能性を感じる。

特にあれだけボディを小さくしていけばダストリダクションを載せるのがやっとで、ボディ側にぶれ補正を搭載するのは困難であろう。となれば恐らくマイクロのレンズのぶれ補正は光学補正が主体→ライカのレンズがメインになると思われる。となるとZDが付くと言ってもぶれ補正が使えないとなれば限られてくる。

一方で、オリが本気ならE-420後継機にはマイクロほど小さくならないかわりにぶれ補正を何とかして載せてくる可能性がある。

つまるところ非常に突き放した言い方をすれば、
アダプター経由でE-systemのレンズがAFでそのまま使えるフォーサーズ撮像素子を作ったパナソニックのマイクロシステムという新たなシステムが誕生するとも言えよう。そしてお互いそれぞれ互換のボディとレンズを売り出すと、、

もし、オリンパスが本気でマイクロにもZDレンズが使えることをアピールしたいなら20mmもの厚さになるアダプターにAF可能なCPU搭載だけでなく、この中に光学ぶれ補正機構付のアダプターを作ることだろうか?(笑)マイクロにはボディ補正が無いが、アダプター利用ならZDも光学ぶれ補正がマイクロ上で使えると言うところだろうか?

まあ、冷めた書き方かも知れないがこれであればパナオリジナルボディも作れるだろうし、何よりE-systemファンとしてはいたづらにオリの開発リソースが分散せず、パナがマイクロを舞台に本気になるのであれば、ある意味良いのではと思う。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2008-08-06 01:17 | E,Pen-system関係


<< とまあ、真面目な話はさておき      フォーサーズとツインシステム化... >>