2008年 10月 15日
「フォーサーズレンズ アップデート共同サービス」開始!!
既に、ご存じの方もいるかもしれないが、現在フォーサーズのボディ、レンズを供給するオリンパス、シグマ、パナソニック間で「フォーサーズレンズ アップデート共同サービス」が開始された。




 これは、オリンパス、パナソニックの自社のボディで、オリンパス、パナソニック、シグマの全てのレンズのファームウェアのアップデートが可能になったと言うことだ。元々は、今年の春、両社のコントラストAF対応レンズがそれぞれのボディで対応出来るようになった一方で、これを行うためのレンズのファームウェアバージョンアップに関しては、従来通り自社のボディ=自社のレンズでしか行えなかったことから、各所で何とかならないかと声があがったものである。

 例えば、私であればSummilux25/1.4がファームウェアバージョンアップでコントラストAF対応となり、E-420でも使えることにはなったものの、肝心のSummiluxのバージョンアップの為には、パナのボディが無いとサポートセンターに預けないとバージョンアップが出来ないといったところだ。(結局、面倒なので今もバージョンアップせずじまいである。)今後は、パナボディ無しで、手元のオリボディでZDレンズ同様バージョンアップが出来る。つまりオリボディでの利用において、ZDと非ZD間の購入後の使い勝手に関しては事実上垣根がなくなったということだ。

 また、特に今回のファームウェアバージョンアップの特徴は共同サービスがオリ、パナ間に止まらずシグマにも及んだことだ。シグマのレンズはフォーサーズ以外の他社ボディでも使えるが、自社ボディでシグマのレンズのファームウェアバージョンアップが出来るのはオリ、パナボディだけと言え、今後はシグマもこの仕組みを使って純正レンズ並みにファームウェアバージョンアップのサービスを提供することが可能になったとも言える。

----------------------

 ユーザーの利便性が格段に向上したという点だけでなく、別の点から今回の措置を位置づけるとしたら以下の点だろうか

1.ファームウェアバージョンアップの機会が増える→コントラストAF対応本格化の布石
 特にZDレンズに関しては竹以上は全くコントラストAFに対応していない。当たり前であるがシグマのレンズに関してもそうだ。今後、ボディ側のファームウェアバージョンアップ等と共にこれらコントラストAF非対応レンズのコントラストAF対応を本格化させる場合にこの仕組みがないと、パナボディ利用者のZDレンズ等の対応がネックになる。また、仮にこれをサービスセンター対応で継続すると、ユーザーも不便であるが、メーカー側のコストも馬鹿にならないだろうと思うからだ。

2.それ以外にもメーカーをまたぐボディレンズ間の不具合のファームウェアバージョンアップでの対応が容易になること。
 
 オリのボディと、パナレンズの組み合わせでおこる不具合で双方のファームウェアバージョンアップを伴う場合など従来の方法では、ボディはオリサイトでダウンロード、レンズはパナに送る等別々に対応が必要であったが、これを同時にダウンロードして対応することが可能になる。メーカー側からも(双方が協力して)同時に提供することにより不具合を解消するという方法も可能になるわけだ。


付け加えるなら、もし今回の提携が上記1,つまり今後の既存レンズのコントラストAF対応を見据えてのもの、そしてそれにシグマのレンズ(勿論機種を選ぶかもしれないけど)も視野に入れてのことであれば、個人的にはシグマのレンズへ投資もしやすくなると思う。今後フォーサーズもライブビューのAFに関してはコントラストAFで行く方向と思える中で、オリンパス、パナソニックはレンズのファームウェアバージョンアップで既存レンズも対応するという道があったが、シグマに関してはその対応が見えず、私としてはシグマ導入を躊躇する理由の一つにもなっていたからだ。

何はともあれ、良いことだと思う。
[PR]

by Hiro_Sakae | 2008-10-15 23:57 | E,Pen-system関係


<< PhaseOneのCaptur...      さてさて、いよいよかなと、、 >>