<   2006年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 28日
御礼 アクセス数25万突破
  お陰様で、本日ユニークユーザーベースで25万を突破しました。アクセスビューベースでは最近は2000/日と、ご愛顧頂いております。前回9月30日にフォトキナに向けての盛り上がりと共に5万達成のラップで2ヶ月半という新記録を達成し、大いに驚きましたが、何とこのフォトキナ明けの今回の5万達成ラップはそれをさらに短縮し2ヶ月弱での達成となりました。

  検索を見ていても、グーグルでの「フォーサーズ」での検索が順調に伸びているのがアクセス数増加にも寄与していまして、来年のPMAまで新展開が延期されたにも関わらず、新規読者にストップがかからない様な状況です。

  新味のある大した展開も無い中での好調な推移はオリファンとしては非常に嬉しいものであり、出来ればこのまま(増加せずとも)推移して年明けの1月後半頃から予想されるリーク、噂、妄想いりまじって、PMAへなだれ込む流れに乗って頑張っていきたいと思います。

  短いですが、御礼の挨拶とさせて頂きます。引き続き応援宜しくお願いします。
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-28 00:09
2006年 11月 26日
オリと車と欧州、そしてフォーサーズに望む理想
  キヤノンさんの記事を書いた時に、キヤノンがトヨタで、、みたいなメーカーさんを車のメーカーに例える記事が出ていた。車とオリそして欧州とつなげてみると私なりに欧州受けするオリの考え方みたいな部分で前から思うことがあるので与太話として書いてみたい。ボディはまだ発展途上(グレードラインがまだ出来上がっていない)なので、一足早く松、竹、梅(小梅)とラインが出来たレンズでの話しである。加えて、また与太話をあれこれ

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-26 11:33 | four thirdsの思想
2006年 11月 26日
【特許関係】第二章実現のための特許
 何となく、特許をぶらぶら見ているとここで既にいくつか紹介している様に、ぶれ補正の部分、ライブビューをE-3xx系以外の機種に乗せる部分、AFの多点化等は出願ベースで見ると2年前の2004年頃が多い。秋に入ってこれらの周辺部分の特許が出てきている。最近出た中で気になったものを二つ。

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-26 09:31 | オリ特許関係
2006年 11月 25日
【特許関係】来たよ~。オリらしいマニアックな特許
 この機能改善も、特許によればユーザーから改善の声があった様である。うーん、カメラ好きには琴線に触れる部分があるし、恐らくこの機能は他社のDSLRには乗っていないし、噂もない。(笑)木製カメラではないが、いかにもオリらしいこだわりの特許が出た。そして、開発の趣旨がまた泣かせるのである。(笑)これだから、オリファンはやめられない。

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-25 20:01 | オリ特許関係
2006年 11月 25日
150マクロ今回のシリーズ最後は葉っぱ
の少し離れたもの。150ミリでないとここまで寄れなかったかな。後、おまけ話

c0036985_1048261.jpg
c0036985_1048207.jpg

E-330, Sigma APO Macro 150/2.8
ISO200
CaptureOne LE + NeatImage 5.5

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-25 11:09 | シグマ系
2006年 11月 25日
更に150マクロで、葉っぱ
つるの葉の紅葉がそろそろよくなってきたかなあ。今度は逆に寄りから、

c0036985_10441359.jpg
c0036985_10443086.jpg

E-330, Sigma APO Macro 150/2.8
ISO200
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-25 10:45 | シグマ系
2006年 11月 25日
続いて、
マクロらしく、寄ってみての花。(普段はマクロ好きと言いながらここまで寄らないんだけど)

c0036985_10404440.jpg
c0036985_1040586.jpg

E-330, Sigma APO Macro 150/2.8
ISO200
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-25 10:41 | シグマ系
2006年 11月 25日
もう一つのコストパフォーマンスの高いレンズと言えば
コストパフォーマンスの高いレンズと言えば、ZD35マクロなどであろうが今年発売の中では、個人的にはこのシグマ150マクロ。フォーサーズには松の150と言う超弩級レンズがあるが、こっちは値段がうーんとリーズナブル。まず、花。

c0036985_1038721.jpg
c0036985_10382395.jpg

E-330, Sigma APO Macro 150/2.8
ISO200
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-25 10:40 | シグマ系
2006年 11月 23日
梅標準の相棒、40-150/3.5-4.5その2
  このレンズが登場した頃、作り込みは別にして描写に関しては50-200と比較してもうまくパフォーマンスを出せば遜色のないコストパフォーマンスの非常に高いレンズなどと書いてあった様な気がする。何を言って居るんだという感じである。「最高性能を発揮できる絞りの自由度や、開放の明るさ」がグレードにより、差があるだけだ。自由度と表現の幅で値段の差が付いているだけである。
  幅が上のレンジより狭まっているだけで、きちんと使えば問題ない。松から梅までそいつの性能をきちんと出してやればオリのZDは、全てフォーサーズのために作られた新設計のレンズである。グレードの差はごくわずかとなるのである。松から梅まで、ZuikoDigitalのネーミングはお飾りではない。グレードに関係なくそれはZuikoを名乗るに値するレンズ、本気でそいつと向き合えば(まあ、実際の出来は別にして(笑))Zuikoを持つ喜びを等しく教えてくれるレンズ達、ただそれだけのことだ。

c0036985_2029768.jpg
c0036985_20292362.jpg
c0036985_2029408.jpg

E-330, ZD40-150/3.5-4.5
ISO400
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-23 20:33 | ZD系
2006年 11月 23日
梅標準の相棒、40-150/3.5-4.5その1
  ここに来られる方は既にご存じの様に、ZDレンズの中では初めてのディスコンとなってしまった。このレンジがこれ以外にはZDでは50-200に飛ぶ中で、このレンズが果たした意味は大きいと思う。3.5-4.5と比較的明るく、小梅ほどではないが軽量である。

 
c0036985_20152866.jpg
c0036985_20154988.jpg
c0036985_2016695.jpg

E-330 ZD40-150/3.5-4.5
ISO400
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2006-11-23 20:16 | ZD系