<   2007年 03月 ( 52 )   > この月の画像一覧

2007年 03月 31日
強力な25ミリコンビ
  と言うわけで、我らがフォーサーズのレンズにおいては今ちょっとした、「Summiluxショック」的状況であり、そう言う中で寄りバカの私はDistagonを導入したという状況だ。フォーサーズでは最小撮影範囲が35ミリの等倍とほぼ同じというのがありがたいし、(F2.8だから当たり前と言われるかもしれないが)最近接、開放から問題なく使える。
  何はともあれ、デジタル時代の最新のZeissとLeicaどちらも使えるのはフォーサーズしかないわけで、これこそオープンマウントというものだろう。標準画角に、超絶解像力のSummiluxにマクロとも言える寄りのDistagon。半年前には考えられなかった強力コンビの誕生とも言える。今後LVが標準化されれば更にマウント使用の環境は良くなると思われる。正直ZFはNikonではD200以上の機種でないとマニュアルオンリーになるが、フォーサーズでは実絞り乍ら、絞り優先AE,マニュアルが機種を選ばず使える。慣れないと最初は取っつきにくいかもしれないが、コシナがデジタル使用を前提に作ったと言うだけありフォーサーズでも問題ない様である。ZD,Leicaに、ZFを選択肢に入れるとぐっとバリエーションが増してくる感じだ。

c0036985_13473831.jpg

E-300, Distagon 2.8/25 ZF
ISO200
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-31 13:48 | その他マウント
2007年 03月 31日
E-300だけど、少し地を這い
 E-330のLVを使う様になってから、ついつい楽をしてしまうのが、今日はE-300で久しぶりに恥ずかしい格好をしながら、低空飛行。

c0036985_1333348.jpg
c0036985_13332789.jpg

E-300,Distagon 2.8/25 ZF
ISO200
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-31 13:34 | その他マウント
2007年 03月 31日
Distagon2.8/25で
 天気は今ひとつながら、緑を二つ。

c0036985_13294524.jpg
c0036985_1330221.jpg

E-300, Distagon 2.8/25 ZF
ISO200
CaptureOne LE + NeatImage 5.5
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-31 13:30 | その他マウント
2007年 03月 26日
Summilux 25/1.4の登場に思う あれこれ
  なかなか単焦点のZDが出てこない中で、今まで出てきた単焦点は松の150/2.0から竹の魚眼、50マクロ、そして梅の35マクロまで少ないながらもカテゴリー問わず、「ZDの単焦点に外れはなし」と私は思っている。(尤もこれは特に竹以上のズームにも言えることである)だからこそ、このクオリティの延長線上に展開されるだろうZuikoDigitalの単焦点レンズ群を待ちわびているわけである。

 そして、そんな中でSummiluxが降臨した。パナだ、何だという下世話な議論を超越したところで、「Summiluxと言う以上はSummiluxなのである」と言わんばかりの登場である。ZDとLeica-D。考えれば強力なコンビ、ライバルの出現である。

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-26 23:54 | オリ以外フォーサーズネタ
2007年 03月 25日
PIE2007で寺田さんの話と、木製カメラの話し他雑感
  本日、ようやく都合が着いてPIE2007に行ってきた。もう既に、模様は色々なところでアップされているし、それに加えて何か新しいものが会ったわけではないが私なりに感じたことをあれこれと、多少まとまりがないのはご容赦、、、

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-25 20:51 | E,Pen-system関係
2007年 03月 21日
【特許関係】次期E-1のパワーバッテリホルダー絡み
  このパワーバッテリーホルダーを色々活用としようと言うアイデアは、かなり前からぽつぽつと出ていた。今月号の某雑誌では推測と書きながら、このホルダーに無線通信機能が搭載されているのではと書いてあった。私もホルダーに無線通信機能を搭載するアイデアは何度も特許でも出ていたし、無線通信そのものがオリンパスが他部門で力を入れているので有りだと思うからだ。そして、今回このホルダー関係の最終形?の様な特許が出た。

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-21 19:41 | オリ特許関係
2007年 03月 21日
敢えて28/3.5と言う選択
と言うほど、大層なことは無いがとりあえずタイトル付けないと与太話が書けないので(苦笑)
c0036985_154486.jpg

E-330, G.Zuiko 28/3.5(銀縁)
ISO200
CaptureOne LE

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-21 15:38 | その他マウント
2007年 03月 21日
E-410に付ける前に
  本来は画角的には、24ミリ或いは、21ミリぐらいそれもE-410なら小型のラインを付けるのがいいのだろう。私は、とりあえず28/3.5の銀縁だ。

c0036985_12213568.jpg
c0036985_1221593.jpg

E-330, G.Zuiko 28/3.5(銀縁)
ISO200
CaptureOne LE
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-21 12:22 | E-4xx,6xx関係
2007年 03月 18日
被写界深度とぼけの話 & フォーマット動向について
  E-1が出てE-300が出る前だろうか?ZDが竹レンズのみだった頃から「フォーサーズはぼけない」というのをフォーサーズ批判の格好のネタにされていた。被写界深度で言えば同一画角で言えばフルサイズより2段、APS比1段絞りを絞り込んだ相当になる。これは事実である。しかし、これを元に例えば、150/2.0の松レンズはフルサイズでは300/4.0相当のレンズと同等=フルサイズの300ミリレンズの廉価版と言う、はっきり言って「書いていて恥ずかしくないか?」と言う議論がネットの板で書かれていた。(最近でも至極真面目に書き込みをされているのが無くなったわけではない。)被写界深度浅い、あるいはぼけない=一段下という議論、あるいは同一画角のレンズではぼける方が良いレンズという議論は一体どこから生まれたのだろうか?
  少なくともフィルムカメラ時代には、同じ標準画角のズミクロン50/2.0とハッセルのプラナー80/2.8ではプラナーの方がぼけるし被写界深度も浅いという一点でズミクロンよりプラナーが絶対優秀などと言ったら失笑を買っていただろう。たまたま、この辺を心配されるメールを頂いたので今更であるが、敢えて書くことにする。また、フルサイズの他社動向等おまけ話を少し、、

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-18 19:48 | four thirdsの思想
2007年 03月 18日
最後は、ZD11-22絡みからのZDレンズの与太話
c0036985_1125796.jpg

E-1, ZD11-22/2.8-3.5 + EC-14
ISO200
CaptureOne LE

続きはこちらへ
[PR]

by hiro_sakae | 2007-03-18 11:44 | ZD系