人気ブログランキング |
2008年 11月 03日
男前一眼 基本コンセプト4

今回は、シャッターボタン周り並びに、EVFの接眼部に関する前回からの改良を呈示したい。




c0036985_20114298.jpg


ご覧頂いてわかるように男前一眼の上部は平坦ではなく湾曲している。従って、シャッターボタンにおいても突起のないボディにも関わらず、真上から押すよりも角度が付いており押しやすさに配慮したものとなっている。また、デザインを損なわない形で極力大きなボタンを配置している。また、シャッターボタン下前面の赤く示されている部分はグリップである。例示では薄型のものを付けているがこのグリップは用途、好みに応じ取り付け可能である。いわゆる「グリップする」ことの為に付けられ脱着は固定ねじで行うため、メーカーでのオプションの他、サードパーティ製等の提供も容易であろう。

c0036985_2012111.jpg


また、上図の背面の赤い印のボタンは動画スタートのボタンである。動画専用ボタンを配置することにより、マイクロフォーサーズ規格の一つの「売り」である動画撮影の利便性を確保するものである。

--------------------

c0036985_20124679.jpg
c0036985_2013075.jpg


EVFに関しては、小さいが大きい工夫を取り入れた。すなわち、デフォルトでEVFを8度程傾けることで、覗いて構えたときに背面LCDと鼻先の距離を、垂直に配置した場合との比較で6mmほど拡げたものである。これは、前回EVFを背面から見て左端にすることにより、鼻先が液晶に当たるのを回避したと説明した際に、特にDpreview等で、左利きのものにも何らかの配慮をと言う考えに応えたものである。

また、これを取り入れることにより、垂直なファインダーよりもEVFで撮影途上での指と顔の間の窮屈さはいくぶん改善されることとなった。なお、8度としたのは10度以上傾けるとオートでのフラッシュポップアップ時に撮影者のおでこと干渉するのを回避するためである。

by Hiro_Sakae | 2008-11-03 20:13 | 未発表機種/他社動向


<< 男前一眼 基本コンセプト5      と言うことでZD14-35を使... >>