人気ブログランキング |
2009年 02月 22日
ということで、Vivitarと
全然関係ないが、xDカードで与太話を、、
c0036985_13105060.jpg

E-3, Vivitar 24/2
ISO AUTO
CaptureOne 4.6 Pro




と言うわけで、下の下の記事でリンクしたところにOMマウントのサードパーティレンズが色々載っていたのでこれを参考にe-bayで探していたものだ。レア度が書いてあるが、実際確かにものによってよく見かけるものとそうでないものがあるが、かといってお値段にそんなに差があるわけでもない。そしてこの手のレンズはヤフオクでちょこちょこでるがやはりe-bayからの直引きを考えると送料込みでもやはりこちらの方が断然安い。(勿論ばばを引くリスクはあるが、、)

VivitarというとどうしてもSeries Oneが有名である。殆どの生産はメイドインジャパンなのであるがリンク先を見るとこのレンズはコミネ製らしい。このレンズも安かったが、もう一つこのリンク先では本家OM24/2と遜色ないと言われるKironの24/2もゲットした(今どこかの空を飛んでいるはずだ)。送料込みでOMマウントアダプターよりも安く、送料抜きならヤフオクあたりで売っているサードパーティのM42アダプターとさしてかわらないものだ。このレンズもそう言う意味では非常に廉価であった。M42なども最近はちょっと名の知れたものは東独ものも含めお値段が全体的に上方シフトもしくは安定してしまった感があるので、この辺を少し掘ってみようかなと思っていたりもする。

とまあ、これをネタにぐだぐだ書こうかと思ったのだが、急遽予定変更してxDカードの話である。

-------------------

今日はお散歩に行く時に、うっかりCFを入れていくのを忘れた。それでいつも内蔵メモリ、緊急用として差しっぱなしになっているxDカードで久しぶりにずーっと使うことになった。いや、正確に言うと今までもうっかりxDカードを使うことはあってもCFを常時使っていたのでxDカードだけを使うというのは滅多になかったと思う。

とまあ、前置きはこれくらいにして要はxDカードオンリーでRaw撮影をすると非常に書き込みが遅いというのに改めて気づいた。DSLRとコンデジの差異の一つに「raw撮影においてもストレス無くさくさく撮れる」というのをメリットと感じている私としては尚更である。体感的にはコンデジの割にRaw書き込みが改善されたD-LUX4(LX-3)にExtremeIIIのSDカードで書き込んでいる時とさして変わらないか、下手するともったりするぐらいである。

私は、メディアの何かは無頓着で結局CF,SD,xDカードと全て持っている。しかし、百歩譲って価格面は横に置いたとしても容量の面や、書き込みスピード等「使い勝手」の部分で体感出来るほど差がついてしまったこのメディアに固執するというのはもう限界ではないのかなと言う気がする。オリのイベント等に行くとオリの社員の方等が熱くE-systemを語ってくれているし、カメラ好きやプライベートでもE-systemを使っているような方を少なからずお見受けするが、実際問題としてこれらの方々も1ユーザーとしてE-systemに現行のxDカードスロットをどれほど使っているのか一度真面目に聞いてみたいと思ったぐらいだ。

既にオリとしては、敢えてxDカードを買ってくれた人がE-systemでこれを使えないと言うのは回避したいのであればせめてマイクロ機の記事で以前書いたようにオリのコンデジ同様マイクロSDアダプターが使える仕様に変更するか、出来ればSDとxDの兼用スロットに変更しても良いのではないかと思う。E-420の様な小型機種ですら、ダブルスロットを備えているのはE-system機の特徴でありこれが、CFとSDカードの二枚差しが可能になれば一つの売りになりうると思うからである。

2008年のBCNランキングなどを見てもオリンパスはデジカメ全体では久しぶりに国内でもベスト5に返り咲いた。勿論商品自体が整理されてぐんと良くなったこともあるが、ひょっとするとマイクロSDが利用可能になったことも効いているのではないかとも思ったりするのである。

とりあえずE-systemの場合はCFを使えるのでこれで使えばよいのだが、くどいようだがマイクロ機でxDカードメインと言った愚はやめて欲しいなと改めて思った。

by Hiro_Sakae | 2009-02-22 13:49 | OM系


<< PrePMAと言うことで新機種...      続いて公園の脇で >>