人気ブログランキング |
2005年 04月 10日
東独からの援軍2 Flenktogon35/2.4
フレクトゴンと言うのは、35ミリ以外にも20ミリもあるし、確かペンタコン6マウントの広角側もフレクトゴンだったと思う。西独ツァイスでも広角側はビオゴンとか何か怪獣みたいな名前だ。

これは、多分比較的新しいタイプだと思うが、絞り連動はオートとマニュアルの切り替え式になっている。これを絞り込みの時に使って切り替えを行った。この前のテッサーもそうだが、これも30センチアンダーまで寄れるので、結構重宝する。

今日は、本当に少しのぞいてみたという感じである。あくまで、E-300で使い且つ私の持っている玉という前提であるが、背景がそれなりにごちゃごちゃしている場合は開放であるとボケがやや気になる。二線ボケというものであろうか?またテッサーに比べるとややピントの山がつかみにくかったのと、意外とよく言えば柔らかい、悪く言えば眠い方へ振れる時がある。

一方、画角的には35ミリ換算70ミリとなるので守備範囲は悪くない。後は、少し色の乗りがZDとは違う様な気がした。(あくまで気がしただけである)色々研究の余地はありそうだ。





c0036985_20592260.jpg
一応、最初の1枚。(E-300,Flektogon35/2.4)


c0036985_2111088.jpg
困った時の椿ではありませんが、こいつも今日が本当に最後みたいです(E-300,Flektogon35/2.4)


c0036985_2131014.jpg
大きさ的にもE-300とイイ感じになる。(E-300,Flektogon35/2.4)

by Hiro_sakae | 2005-04-10 21:04 | M42,EXAKTA系


<< M42レンズを触って思ったこと      E-300 Tessarとお散歩 >>