人気ブログランキング |
2005年 05月 05日
本邦からの援軍3 SMCTakumar50/1.4
本邦M42Pentax部隊は予算上SuperTakumarで構成されているが、今回初の(そして最後の)SuperMultiCoatingなタクマーである。本当はこれのSuperTakumarを前に頼んだのであるが、これが届いたのだ。メールでいいのか聞いたら、今回は良いと言うことで急遽我がPentax部隊にもSMCが参加することになった。

さて、55/1.8も良かったが、これは普通に使うには使いやすい。私的には、開放はさすがに気を遣うが2段絞ってもF2.8であり、これ位が丁度良い感じであると思う。

実のところは、本当はF4.0から5.6位だと全く普通に使える(これは、他の私の持っているM42標準レンズ系でも大体言える)が背景によって中途半端にボケがうるさくなったり、そもそもそこまで絞るのなら最初からZDのズームを使う方がお手軽であり且つ良好である。わざわざ使う意味がなくなるというものだ。




c0036985_19384172.jpg
一応こんな感じ。(E-300,Yashinon DS 50/1.8)


c0036985_19401098.jpg
これは開放から半段である。ぼけの感じがやはりPancolarとは違うが、いやなら少々絞り込めば調整可能だ。(E-300,SMC Takumar50/1.4)


c0036985_19473652.jpg
これは、上段より更に1段絞ってお勧めF2.8。上段のものより花からの葉の位置が遠いためかえってこちらのボケ具合が若干多いくらいであるが、溶け方はこちらの方が自然になってきたような気がする。あくまで気がするである。(E-300,SMC Takumar50/1.4)


c0036985_19513070.jpg
開放、逆光。枝がぶれているのは、風でゆらゆらゆれているからである。絞りが丸に近いためかうるさい感じは無いと思う。(E-300,SMC Takumar50/1.4)

by Hiro_Sakae | 2005-05-05 19:56 | M42,EXAKTA系


<< 本邦からの援軍 伏兵1 Yas...      東独からの援軍5 CZJ Pa... >>