人気ブログランキング |
2005年 05月 15日
Chinon AutoMC 55/1.4
前回の富岡メイドのYashinonがとてもコストパフォーマンスが良かったので、狙っていたのだが今回はチノン銘のものである。富岡はわずかにTomiokaもしくはTominonと名乗るものもあるが、M42の場合多くはヤシノン、チノン、マミヤセコール銘となる。

ややこしいのは、これら各社の中でも富岡製でないものもあるらしい。私はよくわからないのでお店やネットで確認してから(確認するだけで申し訳ないが)、e-bayをさまよっている。とびっきりの名玉はそれぞれのブランドで出ている55/1.2らしいが、これは既に欧米でも知れてしまったみたいだ。その次がこの1.4になる。e-bayでもTomiokaとか書いてあると、スタートビッド自体が100ドル近いし、ブランド的にヤシノンやセコールは高い。

出品国を丹念に見ると、単にチノンと書いてあるのが捨て値で埋もれているので根気よく探すと手に入る。今回のものもそういう感じのものだ。ピンぼけ画像と共に、$17.50で放置されていた。こういうのがあるから、e-bayはやめられない。他の広角系もねらい目かなと思う。(苦笑)



c0036985_22164554.jpg
F2位であるが、ぼけのとろけ方も自然な感じである。(E-300,Chinon Auto55/1.4)


c0036985_2218553.jpg
こういう葉っぱの後ろがうるさい感じにならないのが好ましい。(E-300,Chinon Auto55/1.4)



c0036985_2221347.jpg
うるさ方に言わせればてかりのあたりに艶っぽさが無いと言われるのかも知れないが忠実に描写していると思う。(E-300,Chinon Auto55/1.4)

by Hiro_Sakae | 2005-05-15 22:30 | M42,EXAKTA系


<< レンズ沼の 落とし穴に久しぶり...      結局、一眼レフクラシックレンズ... >>