人気ブログランキング |
2020年 07月 25日
OM-Dシリーズに力を入れていくとして、Penはどうする?
衝撃的な発表後に出てくる記事のいくつかを見ていると、オリンパスの新会社は現在の路線を踏襲して、OM-Dシリーズ及びレンズもProシリーズなどを販売の中心に置くようである。
既に、現在マイクロフォーサーズのこれらのボディやレンズ群を使い、あるいはこれらにステップアップしようとしていた人にとっては、少し安堵といったところか。

一方で、マイクロフォーサーズの売りであった小型軽量化を前面に出し、当初はメインのアイコンでもあったPenは一体どういう形にするのだろう?細々と続けるのだろうか?




現状のPenシリーズが縮小し、OM-Dシリーズに統一されている形自体は私は理にかなっているのではと思う。

一つは、OM-Dの二桁機でEVF付きであの質量と価格で展開できるなら、マイクロフォーサーズへの入門用としては十分であると思うのだ。特に、PenでEVFなしのエントリークラスの場合は一般的には「EVFが無いOM-Dの二桁機よりは安い価格」を求められるだろうし、それでは商売的には妙味が無い。

また、仮に積極的にペンタの無いボディを好んでPenを買った人はどうなるか?エントリー向けのセットのみで満足する人は、そもそも上述のようにメーカー的には妙味が無い。そこで、この層を取り込もうと思うと、結局このペンタ無しボディでの上位機種を作らないといけない。これに、「今のレンズはOM-D上位機だと良いが、Penだとでかいな、、」などと言い出すとレンズも減らせなくなる。

となると、やはりマイクロフォーサーズ=OM-Dと言うのしか当面は選択の余地が無いのではないだろうか?尤も、当初は女性向けを意識されたPen、実際に女性層の取り込みに成功したようであるものの、かといってOM-Dが男性向けかと言うとそうでも無く、あれはあれで女性にも受け入れられている。と言うか、個人的には「小型軽量であるが故に結果的に、女性に受け入れられた」というのはあっても最初から女性をターゲットにしていると言うのを全面に出すのはどうかなとも思うのだが、

脱線した。ではPenは必要ないのだろうか?

私は、なにがしかの形でPenは必要だと思う。OM-Dをマイクロフォーサーズの本流として位置づけるのであれば、Penはそもそものマイクロフォーサーズを知って、使ってもらうための位置づけが良いと思うし、そういう立ち位置のカメラが必要である。

他社も同様に、高級志向に注力で活路を見いだしているのになぜオリンパスには必要なのか?
一つは、それが良いか悪いかは別にして機材のグレードアップを考えた場合現在ではフルサイズのシステムの方が商売上は有利である。特に、「よくわからないから、とりあえず良いものを買っておく」みたいは経済的に余裕のある将来の上客候補こそフルサイズに行くだろう。自分がもし店員で100万円の予算でぽおんと来たエントリー層、もしくはエントリーからのステップアップ層に、フルサイズとマイクロフォーサーズのシステムを売るとなると、フルサイズの方が売りやすい。

もう一つは、特にキヤノンやニコンはわざわざエントリー向けに注力しなくても、これからミラーレスに移行するDSLR時代からの厚い既存層がある。

戻って、オリンパスがこれらの中に混じって更に縮小していく市場で生き残っていくためには、自分たちの主軸を持ちつつ、パイを増やす仕掛けが必要であると思うしそれを可能にしうるブランドとなるとPenしか無いと思うからだ。
では、どうすれば良いのか、、


by Hiro_Sakae | 2020-07-25 07:41 | E,Pen-system関係 | Comments(2)
Commented by 番頭さん at 2020-07-26 23:46 x
ご無沙汰しております。堺屋番頭です。
かなり久しぶりにカメラ関係で、昔のブックマークを巡回していたら、貴殿のブログを発見!なんと再開されておられるではないですか!懐かしくて、色々読み返させていただいたりしておりました。また、ちょくちょく伺います。
よろしくお願いいたします。
Commented by Hiro_Sakae at 2020-07-27 18:51
番頭さん
まったりとここと、ツイッターでやっておりますのでよろしくお願いします。


     マイクロフォーサーズ... >>