2008年 01月 27日
Dandelionの露Oly43clubがとんでもないものを
  AFとISがアダプター使用でも使えるチップ、Dandelionはここでも紹介した。現状、これを世界に売りさばいているのは、ロシアのOly43Clubと言うサイトだが、ここがまた驚愕のマウントアダプターを出した。マルチマウントアダプターとでもいうのだろうか。実物はこれ、値段は$50。Dandelionがついている。



AFは焦点距離に関係なく使えるが、ISはチップに依存する。問題はこのねじの締め付けの組み合わせで一つのアダプターで、M39,M42,Pentax-K,Nikon,OM, Leica-R,Praktica-B,Contax/Yashica,CanonFD,MinoltaMDに対応。但しMDは無限遠が出ない。ただ、従来サードパーティで販売されていなかった。M39,Plaktica-B,CanonFDがこれで装着可能になった。M39とはLマウントと同じ径のソ連製の古い一眼レフマウントLマウントとはフランジバックは違うので注意。これで従来近代他で販売されているものと合わせるとフォーサーズにアダプター装着可能な35ミリ一眼レフは、OlympusOM,NikonF,CanonFD,MinoltaMD,PentaxK,Contax/Yashica,Leica-R,M42,M39,RolleiQBM,Exakta、PlakticaBと12マウントに達した。オーダーメイドで良ければ、ZeissContarexがそして若干いじればKonicaARも装着確認されいてる。(実用に投入されている方もいるが、、、(笑))TopconはExaktaアダプターで着くし、二枚重ねでデッケルも既に着く。うーむ、後残っている35ミリ一眼レフマウントってPlaktina、ミランダ、ALPAぐらいか。裏オープンは着々と進行中のようだ。
[PR]

by hiro_sakae | 2008-01-27 21:42 | アダプター沼関係


<< オリの英断に感謝! E-3,E...      伸男で少し与太話 >>