人気ブログランキング |
2008年 08月 17日
ライカ版マイクロフォーサーズボディは期待薄。
  ライカはやはり、フォトキナ前に何らかの動きはあるようである。LeicaRumorsによれば、R10及び、1000ドルから2000ドルクラスの廉価版のMボディ並びにレンズ、そしてライカ製のフォーサーズボディ等は出ない模様。但しパナソニックとの協業、提携は継続とのこと。コンデジからフォサーズ用レンズまで「パナソニック製ライカ」レンズからの収入は今のライカとしては引き続き確保したいところだろう。また、これに関連して、俄然興味が沸いているメーカーの与太話を加えて、、






 LX-3のライカ判であるD-lux4は出るようだが、パナ製マイクロフォーサーズボディのLeica版というのは期待薄になった。尤も、フォーサーズ用や(恐らく出るマイクロフォーサーズ用)のレンズは、パナソニック製であるので今後もパナ製のフォーサーズ用レンズ等は問題ないものと思う。(LeicaのHPを見て頂ければわかるが、Leica製としてはDigilux3のボディとR-フォーサーズアダプターのみが現在のライカ製製品となる。)

 そう言う意味では、現行パナのLeica-Dレンズ群の出来を見ればライカ純正製造にこだわる必要もなく、パナとの提携継続=Leica-Dレンズ群安泰となればフォーサーズやマイクロフォーサーズにおける影響は軽微であるものの、Leicaボディを期待していた人にはちょっと残念な展開になるようだ。尤もライカファンにとっては廉価版Mボディの方が気になるかも知れないが(笑)

 個人的には、この前の小川本部長の談話やマイクロフォーサーズの動向を見ていても、今後はフォーサーズ(含むマイクロ)は、事実上オリンパス-パナソニック連合のフォーマットとしての色彩を強めていくことになるだろう。オープン規格として来るものは迎えるが、オープン性を維持するためにあれこれ苦労したり、調整するというのでなく、オリンパス、パナソニックのフォーサーズ戦略に「合わせてくれるなら」参加することをこちらから拒まないという形であろう。

 オープン規格を維持するという形からは一歩後退かもしれないが、規格立ち上げから早5年。オープン性維持と、マウントシステムとしての完成度、拡張等総合的な性能アップを天秤にかければ後者を優先せざるをえないというのは致し方ないとおもう。既にDSLRのメジャープレーヤーは固定化しているわけだし、これに乗り遅れている他メーカーが合流するとしてもオリパナの考える戦略、スピード感を曲げてまで裾野を拡げることはあまり意味がないと思うからだ。

----------------------

 マイクロフォーサーズ規格のプレス記事などでも既存賛同企業に案内は出すが積極的には勧誘しないような感じである。実際には、案内=打診の中でライカもパナがLeica-Dや自社コンデジ搭載のレンズにライカブランドのレンズを製造する事はかまわないが、ライカ社として直接フォーサーズにはこれ以上新規製品は投入しないと言うことなのだろう。同じように、各社に打診をする過程の中で、実質上の「盟友」であるのか、あるいはどこまで「参加」するのかを今一度「マイクロフォーサーズへ積極的に参加するのかというのを踏み絵にして」整理されたような気がする。

 というわけで、今回この「積極的に参加しない名前だけ参加はやだよ~」というマイクロフォーサーズへの参加に対し、オリンパス、パナソニック以外に唯一参加意向を示しているメーカー、既にみなさんもご存じのシグマが何気なく気になるのだ。

 シグマは、今までフォーサーズマウントにレンズを供給してきた。しかし、それは(オリへのOEMと噂されるものまで含めて)全て既存DG,もしくはDCレンズのフォーサーズマウント版の位置づけを抜けきっていない。まあ、キヤノン用、ニコン用レンズをだしているのとあまり大差は無い。交換レンズメーカーとしての域をでていないものだ。

 一方で、今回特に広角、或いは高倍率ズームを中心に従来のDSLR対比大幅にレンズの小型化が図れるのを売りにしているマイクロフォーサーズで、既存DG,DCレンズのマイクロフォーサーズ版を出したからと言って、それが商売になるとは考えにくい。つまり、シグマがようやくフォーサーズのイメージサークル専用にレンズを作ってくる可能性が生まれてくる。APSやフルサイズのレンズの移植でなく、シグマが本気でマイクロフォーサーズ(及びフォーサーズ)のレンズを作ってくれるとしたら、恐らくレンズバリエーションとしては魅力が増大する可能性があるだろう。

 そして、もう一発妄想をふくらませるとすれば、「わざわざそこまで肩入れしてくるのならいよいよ自社レンズに見合ったボディを用意してくるのではないか?」と言うことだ。各社DSLR用レンズ開発の母艦としてはSAマウントがある。しかしマイクロフォーサーズの母艦となるべきマウントはない。

 また、フォビオンのような特殊なセンサーを移植するにもマイクロフォーサーズ(フォーサーズでもよい)の独特のセンサー構造、
・撮像素子、ローパスフィルターもろとも、SSWフィルターで蓋をし、
・SSWフィルターをぷるぷるさせる構造で、
・レンズ、撮像素子間の光学的影響を「ローパスフィルター等+SSWFの厚み」で
 一定値にしてしまう仕組み
がプラスに効くはずだ。フォビオンとLive-MOSのローパスフィルターの有無による光学的影響も、SSWFをフォビオン用にモディファイすれば可能なはずである。少なくともローパスフィルターをぷるぷるさせてごみ取りをしている形式よりは数段可能性は高いからだ。

 とは言え、すぐにシグマがボディで動くかどうかは不明だ。しかし、今回のDP1の成功で、シグマで且つあの癖のあるフォビオンセンサーでも「商品コンセプトさえうまくはまれば」充分商売になることがわかったはずだ。先ずは、シグマがマイクロフォーサーズ専用のレンズを本当にリリースするかどうかに注目したい。そしてもし、本当にそういうレンズを出した来た時には(恐らく次期DP1の噂が出始める時か?)シグマの動向、要注目であると見ている。

 

by Hiro_Sakae | 2008-08-17 20:53 | オリ以外フォーサーズネタ


<< 遺作      Olympus E-3, EI... >>