人気ブログランキング |
カテゴリ:雑記諸々( 116 )

2020年 06月 28日
オリンパスの映像事業での新会社は、、
最終形がわからないにせよ、この厳しい環境の中でカメラ業界に心機一転飛び込むわけである。
何れ、答えが出るのだが出てしまうと与太が出来なくなるので、今のうちに妄想しよう。


続きはこちらへ

by Hiro_Sakae | 2020-06-28 10:07 | 雑記諸々 | Comments(2)
2020年 06月 28日
今回の映像事業売却に関して最初に思ったこと
頭の中がぐるぐるっとしているし、これからばらばらと書くかもしれないがまずは、第一印象について

続きはこちらへ

by Hiro_Sakae | 2020-06-28 08:19 | 雑記諸々 | Comments(0)
2020年 06月 27日
本題前のどうでも良い与太、続編
と言うわけで、スマホとコンパクトカメラたちと写真を続けていたわけだが、カメラ自体は嫌いではないので、カメラ関連のサイトや、買いもしないのに価格コムなどは継続して読んでいた。そして、5月に見てしまった見てはいけないものとは、、

続きはこちらへ

by Hiro_Sakae | 2020-06-27 23:04 | 雑記諸々 | Comments(4)
2020年 06月 27日
本題の与太に入る前に、どうでも良い与太を
もう、ここで与太る事は無いと思っていたが、本題をあれこれと言う前にどうでもよい与太を

続きは、こちらへ

by Hiro_Sakae | 2020-06-27 19:04 | 雑記諸々 | Comments(4)
2012年 10月 08日
現在こちらのブログの更新は
停止しております。最新の記事等は

NEWズイこれ

の方をご覧下さい。
なお、このブログに記載の記事等に関する紹介に関しましては、
上記NEWズイこれの「メールを送信」の方からご照会ください。


by Hiro_Sakae | 2012-10-08 00:15 | 雑記諸々
2009年 09月 21日
【予告】突然ですが、永年ご愛顧頂いたズイこれを
打ち切り、エキサイトブログから、10月頃を目処に別のところへ引っ越し新ズイこれに移行することにした。
加えて、ここの件についてお知恵をば、、

続きはこちらへ

by hiro_sakae | 2009-09-21 20:35 | 雑記諸々 | Comments(14)
2009年 07月 24日
下の記事に関連して、、
本来こう言うのは、Mixi支店でスレとして立てた方が良いのかもしれないが、こちらの方が参加出来る人も多いと思うのでこちらで書くことにする。前から気にはなっていたのだがつまるところ、、

「みんな、カメラとか写真関係でどんな雑誌を見ていますか~?」

と言うところだ。立ち読みならこれで、買うのはこれ~とか、カメラ情報はこれだけどとか、最近はこれとか色々あるかとは思うのだが、ネットで情報などは入る時に、ここにあれこれ来ている人たちが敢えて紙メディアで手に取るものは何なんだというのは個人的にも興味があるところだからだ。

と言うことで、言い出しっぺとして私の場合は

続きはこちらへ

by Hiro_Sakae | 2009-07-24 23:22 | 雑記諸々 | Comments(46)
2009年 07月 23日
おお、さすがやなあ!と唸らされた今月号のデジタルカメラマガジン
  同じ、インプレス社でもネットのデジカメWatchは硬軟取り混ぜて結構楽しませてもらっているが、デジタルカメラマガジン(DCM)と言うのは、DSLRの記事が主体で且つ機種比較記事となると、やはり「メジャーなスポンサーさんに支えているメジャー雑誌」を感じさせる。雑誌を支えるユーザー目線に偏らず、もう一方の支えてでもあるスポンサーさんにもきちんと配慮した大人の雑誌作りと言えようか、、ということで与太話である。

続きはこちらへ

by Hiro_Sakae | 2009-07-23 00:12 | 雑記諸々 | Comments(30)
2009年 07月 20日
下の与太の続きで、松のズーム、そしてこれから出てくる
単焦点などについて、考えていることを書きたい。

続きはこちらへ

by Hiro_Sakae | 2009-07-20 23:02 | 雑記諸々 | Comments(19)
2009年 06月 29日
後は、E-P1の扱いを見て少し愚痴というか、、
いえ、別にE-P1自体がどうこうというのでもないし、これはフイルムカメラ特にOM世代からのオリファンとして、率直に感じることがある。別に今書いても、いつ書いても良いのだがお腹に入れておくのも何なのでE-P1の実物を見た日に書いておくとしよう。

ぶっちゃけ、Penのフィロソフィーの継承はわかったけど、OMのフィロソフィーはどうなったんじゃい!と言う与太話である。
【追加】
Tomoartさんのコメントに呼応するわけではないが、節目に合わせるなら2012年はOM誕生40周年。遅くともこれぐらいには何とかならないかなあと、、そして2012年はOMの終了アナウンスから丁度10周年である。「10年の沈黙を経て今蘇る」、、良いかも、、

続きはこちらへ

by Hiro_Sakae | 2009-06-29 00:22 | 雑記諸々 | Comments(24)